pccpuintelクロックアップ強化された新CPU「Hsawell Refresh」が登場!旧モデルの「Hsawell」をちょこっとだけクロック強化し省エネと搭載GPU(グラフィック機能)を強化され新生FF14が快適に!省スペースや省エネなどで拡張性に乏しい制限された環境の人には買い換える価値がある。

ラインナップ数が多いのでまとめてみました。後日、発売予定の悪魔の峡谷と呼ばれる新CPUがあれば、当分PCスペック不足に悩まされる心配もありません。




悪魔の峡谷搭載って?

Devil's Canyonと呼ばれる最速最新CPUのこと

最上位ラインナップ は予約可能です。発売日は、2014年7月13日予定

コア 型番core物理
(thread仮想)
動作クロック搭載メモリ/消費TDP(W)搭載GPU
Core i7 4790K 4(8) 4.00GHz
(MAX4.4GHz)
8MB/88wHD 4600
Core i5 4690K 4(4)3.50GHz
(MAX3.9GHz)
6MB/88wHD 4600

速さを求めるのであれば、上位機種は今後発表されるコードネーム「Devil's Canyon」(悪魔の渓谷)という末尾にKが付くOC(オーバークロック可能な)「Haswell Refresh」が控えているので待ったほうがよいです。現在上記リンクから商品詳細・予約可能です。断然、4790K一押し!

core物理と(thread仮想)の表示はHTTと呼ばれる機能で、あり余ったCPU能力を仮想で2倍に増やして並列処理することができ、OSからは複数のCPUがあるように扱え、複数のことを同時に使えるようにする便利な機能のことです。上位、下位ラインナップは全て対応しており、廉価版であるCore i5、PentiumやCeleronは未対応となっている。

上位ラインナップ
コア 型番core物理
(thread仮想)
動作クロック搭載メモリ/
消費TDP(W)
搭載GPU元となる型番元クロック
Core i7 47904(8) 3.60GHz8MB/84wHD 4600Core i7 47703.40GHz
(+0.2)
Core i7 4790S 4(8)3.20GHz8MB/65wHD 4600Core i7 4770S3.10GHz
(+0.1)
Core i7 4790T 4(8)2.70GHz8MB/45wHD 4600
Core i7 4785T 4(8)2.20GHz8MB/35wHD 4600


上位廉価版ラインナップ
Core i5 4690 4(4) 3.50GHz6MB/84wHD 4600Core i5 46703.40GHz
(+0.1)
Core i5 4690S 4(4)3.20GHz6MB/65wHD 4600

Core i5 4690T 4(4)2.50GHz6MB/45wHD 4600

Core i5 4590 4(4) 3.30GHz6MB/84wHD 4600Core i5 45703.20GHz
(+0.1)
Core i5 4590S 4(4)3.00GHz6MB/65wHD 4600Core i5 4570S2.90GHz
(+0.1)
Core i5 4590T 4(4)2.00GHz6MB/35wHD 4600Core i5 4570T
2.90GHz
(-0.9)
Core i5 4460 4(4) 3.20GHz6MB/84wHD 4600Core i5 44403.10GHz
(+0.1)
Core i5 4460S 4(4)2.90GHz6MB/65wHD 4600

Core i5 4460T 4(4)1.90GHz6MB/35wHD 4600


i7シリーズでさえ、型番が末尾Tの各シリーズがTDP(最大消費電力)35Wに抑えている点と、全体的に消費が抑えられ、搭載GPUが1ランクアップしている。HD4600では、旧世代の中ランク並みの性能UPに匹敵する。省スペースなどでオンボードしか使えない環境では魅力的。今回の最新CPUはバリバリ最強に使いたい人向けではない感じです。

HD4600は、GeForce GT630 (DDR3)相当の性能です。以前搭載されていたHD2500と比べると3倍ほど性能が上がっています。2Dゲーム程度であれば高速動作し、3Dも軽いものであれば動作します。
ps3ff14ちなみにHD4600は設定を標準にすることで新生FF14ですら快適プレイ可能です。HD4400では最低画質でいけます。

ついにオンボードだけで快適プレイできてしまうとは!

CPU 性能は単純にクロックアップされた分だけ性能が上がっているだけので既に同一ランクのCPU搭載機種を使っている場合には特に理由がない限り、買い替えの 必要はないです。下位ランクのPentium G3450クラスに搭載されているHD Graphics(下に一覧記載)では、さすがに新生FF14は無理です。
  1. 省スペースPCに買い替えするのであれば、4コアの末尾Tシリーズが最有力候補。なお、Tシリーズは単品買いすることができません。PCを新調する場合にはおすすめです。Core i7 4790T、i7 4785T、i5 4690Tの3つです。※Core i5 4590Tについては0.9GHzクロックダウンし、物理コアが2から4へ増えているだけなので注意。
    • Core i5 4690(4コア4スレッド/3.5HGz/6MB/85W)を買うぐらいなら、Core i7 4785T(4コア8スレッド/2.2GHz/8MB/35W)がおすすめ。性能ともにコストパフォーマンスがよく、単体パワーよりも後者のキャッシュが体感で速さを実感できる。マルチスレッド対応ならさらに早い。

      期間数量限定ですが、TシリーズをCPUFANクーラーとセットで購入できる場所を見つけました。
      [数量限定]Refresh CPU i7 4790Tまたはi5 4690T[バルク品] + CPUクーラー セット
      こういったものはなかなか出回らないのでお早めに。

  2. Core i5 CPUへの交換ですが、あまりおすすめできません。省電力しつつ性能を上げたCore i5 4690S。通常より発熱を抑えたバージョンがあります。付属リテールFANでも高伝導率のグリスAS-05とエアーフローだけで真夏でもなんとか耐えれるCPUです。ただし、付属グリスだと余裕で60度を超えるため注意が必要です。もっと熱を抑えたい場合は、大型FANの併用がおすすめだったりするのでここまで出費するのであれば、Core 7iを選ぶか、i3を選びしばらく待ったほうがよいです。

  3. Core i7 CPUへの交換ならCore i7 4790末尾Sはやや省エネですが付属FANでは発熱量は変わりません。内蔵GPUを使わないのであれば、Refresh発売前の旧製品i7-4770Kがおすすめです。消費電力も同じでRefreshバージョンは名前だけでまったく恩恵がないです。もう値段の安いほうでいいでしょう。
末尾の記号意味
K OC(オーバークロック)可能な倍率が固定解除されたもの
S 最大消費電力が65Wのもの
T 最大消費電力が45Wまたは35Wのもの

下位ラインナップ

コア 型番core物理
(thread仮想)
動作クロック搭載メモリ/
消費TDP(W)
搭載GPU元となる型番元クロック
Core i3 4360 2(4)3.70GHz4MB/54wHD 4600Core i3 43403.60GHz
(+0.1)
Core i3 4350 2(4)3.60GHz4MB/54wHD 4600Core i3 43303.50GHz
(+0.1)
Core i3 4350T 2(4)3.10GHz4MB/35wHD 4600

Core i3 4150 2(4)3.50GHz3MB/54wHD 4400Core i3 41303.40GHz
(+0.1)
Core i3 4150T 2(4)3.00GHz3MB/35wHD 4400


Core i3から選ぶ場合
  1. 省スペースPCならば、オンボード内蔵GPUを生かせるCore i3 4350
  2. 予算があればCore i3 4360
  3. 低予算でいくなら、Core i3 4150、これでも新生FF14も動かせるのだからすごい。

Core2DUOの最上位版の性能は今回発売された新シリーズ最下位CPUより性能が下回るので、この機会に買い替えてもよい。

BTO(ノーブランド)ショップで高評価で安心できるお店勝手にランキング
  1. PC価格や中身を分かりやすく表示して、使用パーツの中身を開示している良心的なお店は、TSUKUMO(ツクモ)、液晶を買うときも一番ツクモが安心して使えます。

  2. 初心者向けにコースを選択して、全部おまかせでPCを作ってくれるのがドスパラ、延長補償加入推奨です。

  3. 上級者向けに細かく詳細を選んで作れるのがサイコム。ここの水冷ゲームパソコンはすごいです。(BTO初心者にはおすすめできません。パーツの知識も必要になります)
ゲーム向けパソコン(BF4、新生FF14、PSO2)を買うなら、断然ツクモがおすすめです。自作BTOをいずれやってみたい方はドスパラをどうぞ、両者とも拡張性にも文句なしのSHOPです。

下位廉価版ラインナップ

コア 型番core物理
(thread仮想)
動作クロック搭載メモリ/
消費TDP(W)
搭載GPU元となる型番元クロック
Pentium G3450 2(2)3.40GHz3MB/53wHD GraphicsPentium G34303.30GHz
(+0.1)
Pentium G3440 2(2)3.30GHz3MB/53wHD GraphicsPentium G34203.20GHz
(+0.1)
Pentium G3440T2(2)2.80GHz3MB/35wHD Graphics

Pentium G32402(2)3.10GHz3MB/54wHD GraphicsPentium G32203.00GHz
(+0.1)
Pentium G3240T2(2)2.70GHz3MB/35wHD Graphics

Celeron G18502(2)2.90GHz2MB/54wHD Graphics

Celeron G18402(2)2.80GHz2MB/53wHD GraphicsPentium G18202.70GHz
(+0.1)
Celeron G1840T2(2)2.50GHz2MB/35wHD Graphics



今日の人気記事
    この記事の関連タグ: