ps5
PS5(仮)ソニー次世代機はPS4との後方互換サポートあり。超高速SSDや8K対応、ほか大幅機能強化など詳細が公開中です。2019年には発売されない。PS4PROの超強化バージョン!!





PS5(仮)次世代コンソールゲーム機

PS5(仮)次世代コンソールゲーム機(名称はきまっていない)の仕様など、次期システムのコンソールのチーフアーキテクトのCerny氏による情報、原文はこちらwired.comによる独占インタビューによって情報が公開されました。

以下、情報のまとめです。

PS5(仮)次世代コンソール

2019年に店頭に並ぶことはありません
ソニーは最近、ゲーム開発者のために「開発キット展開」を加速。
  • PS4ゲームとの後方互換性あり。ダウンロード版だけではなく、物理ディスクを持つ。
    大容量の物理ディスクメディアに対応。
  • 次世代コンソールでも現在のPlayStation VRをサポート

  • CPUとGPUはより強力に
    AMD RyzenベースのCPU、AMD Radeon NaviベースのカスタムGPU
    レイトレーシングサポート、8Kグラフィックをサポート

    CPUはAMD Ryzen第3世代「Zen 2」
    新しい7nm プロセスで製造されたマイクロアーキテクチャの8コア。

    GPUはAMD RadeonのNavi
    カスタムバリエーション。

  • 今まで再現できなかった忠実グラフィカルと視覚効果を可能にする。
  • システムメモリのサイズ増加と高速化



PS5のサウンド「3Dオーディオ」



  • 3Dオーディオ用のカスタムユニットを搭載

    PS3からPS4では、オーディオがあまり変わらなかったが、次のコンソールでは劇的に変化する。上から、後ろから、そして横から音が届き、ゲームに夢中になれる。



PS5レイトレーシングサポート

3D環境の複雑な光を再現できる

  • オブジェクトへの光が跳ね返りを模倣、反射面やガラス、液体を通した光の屈折をリアルタイムに正確にレンダリングできるようになり、リアリティが向上する。

  • プレーヤーが特定音を聞くことができるかどうか、敵の足音を聞くことができるかどうかをテストする時にも使える。


PS5超高速SSD対応 (爆速SSD)

ハードドライブは「次世代への鍵」

新しいPCIe 4.0規格を採用しているかどうかは関係ありません



  • PCで利用可能なSSDよりも高い帯域幅を持っている特別なSSD
    PS4 ProでSpider-Manをプレイします。場所移動のロードに15秒かかっていたものが、次世代の開発KITでは1秒未満までに短縮されます。(これは、SSDの1つの結果にすぎません)

  • 世界のレンダリング速度が上昇。(世界を移動できる速度)
    オリジナルPS4では「Spider-Manの移動速度でカメラが動き、これ以上速くなることはありません」(HDDからの読み込み速度に関係するため)

    次世代のコンソールでは、それは戦闘機に装着されているようにスピードを上げます。




この中では特に発売日などには触れられていません。PS5発売後も、PS4タイトルの販売は継続。

PS4PROの上位互換となるようです。価格がどこまで抑えられるか。


翻訳記載のため、誤訳が含まれている場合があります。本文・詳しくは原文はこちらwired.comをご覧ください。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)



とりあえず、今のPS4PROを早くしたい人はこちら!

ロードが長い。どうしたらいい?そんな場合は
PS4PRO向けのおすすめSSD!コスパがいい、性能がいい!ゲーム機でも使えるSSD一覧紹介


HDDの空きがない!容量不足ならこちら!
PS4、PS4PRO 2019年版最新 おすすめ外付けHDD紹介!安くて大容量 安定性パフォーマンスのよいものを中心に紹介」!


表示の速いゲーム向け液晶のおすすめならこちら!【PS4、PS4PRO対応】速い動きにも対応できる最新低遅延おすすめゲーム向け液晶を紹介!」もあわせてどうぞ!



今日の人気記事
    この記事の関連タグ: